(株)杉山土建
神奈川県伊勢原市
三ノ宮1番地

お問い合わせ・・・
0463-93-7300







家紋について!
現在、20,000種もあるといわれる家紋は、その特徴もさまざまだが、植物、とくに花が多い。形状は丸形が多く、菱紋も広まっている。また、基本形を自由に変化させ、左右対称に見えて、そうではないものもある。

家紋の原形は、動植物、文様、用具、建造、自然現象など、約350種にのぼるが、家によっては、一個ではなく数個の紋をもっていることがある。

家紋には、ひとつひとつに意味が含まれており、「名字の文字やそれに類似のもの」、「美的なもの」、「おめでたいもの」、「記念的な印」、「武威の印」、「信仰的な印」などに関連したものがある。

家紋の発生は、いまから約900年ほど前の平安時代後期ころにさかのぼれるといわれているが、家紋が増え出したのは幕末から明治にかけてのことだ。江戸時代前期までは苗字・家紋ともそんなに多くはなく、江戸時代の紋帳に約1000種の紋が収録されているので、これらの紋が比較的古くからあったものと考えられている。




家 紋



.



Copyright (C) 2003 Sugiyama Doken Corporation. All Rights Reserved

.